産後のダイエット、育児しながらどうやってする?

育児と両立ができる産後のダイエットの方法

二の腕やウェスト、太ももなどの産後太りの悩みを抱えている女性は少なくありませんが、無理なく減量に挑戦するために、育児と両立しやすい方法を選ぶことが大切です。例えば、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動は、ダイエットだけでなく健康改善にも効果が期待でき、産後の運動不足を解決するうえで大きなメリットがあります。また、食事の栄養バランスが乱れている場合には、知らず知らずのうちに太りやすい体質になっていることがあるため、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどが多く含まれる食材を使った献立を考えることがおすすめです。なお、ダイエットの後のリバウンドの問題を防ぐため、日頃から体重計を利用したり、健康診断の際に医師や管理栄養士などに助言を受けたりすることが効果的です。

産後のダイエットの成功率を高めるには

産後にダイエットを始めるにあたり、断食やハードな運動などの長続きしにくい方法を避けるのはもちろん、各自の体質について改めて把握をすることが大切です。特に、出産や運動不足などの影響から、新陳代謝が低下している場合には、身体の様々な部位の皮下脂肪が燃焼しにくい状態になることがあるため、痩せやすい体づくりのポイントを抑える必要があります。例えば、子どもが小さい場合には、自宅でダイエットに取り組みにくいこともあり、定期的に指導者の下でスポーツジムやエアロビクス、ヨガなどを行うことがおすすめです。その他、仕事や家事などの理由から思うような食事をとることが難しい場合には、補助的な手段としてサプリやドリンクなどの健康食品を頼ることも良いでしょう。